トレーニングによる腹筋の痛み

今月号の相談は「腹筋のトレーニングをはじめたところ、頻繁に筋肉痛におそわれるようになった」というもの。さっそく、ソフィア整骨院の古川ぶんと先生に聞いてみた。

 

Q 最近、腹筋のトレーニングをはじめたのですが、頻繁に激しい筋肉痛におそわれています。何か改善方法はありますか。

A まず、筋肉痛とは筋肉を激しく動かしたときに筋線維が損傷し、その修復期に炎症反応として痛みが生じている状態です。とりわけ、腹筋は日常生活で意識して使わない筋肉なので、これまで運動不足だった方が腹筋運動をはじめると、最初のうちは頻繁に筋肉痛におそわれると思います。私自身、腹筋のトレーニングで激しい筋肉痛におそわれ、しばらく安静にせざるをえない状況になったことがあります。

とはいえ、腹筋の筋肉痛はそこまで日常生活に支障をきたすものではありませんし、安静にしておけば3日から一週間を目処に自然に回復するので、あまり気にする必要はありません。ただ、筋肉痛が残っている段階でトレーニングを再開してしまうと、炎症症状が長引いたり、悪化したりしてしまう恐れがあるので、必ず回復期をもうけるようにしてください。また、トレーニングの頻度は1日おきや2日おきにしておくのが賢明です。

Q ある程度安静にしても回復しない場合、どうしたらいいでしょうか。

A そういう場合は筋肉の治療に精通した治療院を受診してみてください。マッサージによって組織の代謝を促すことで、筋肉痛を早期に回復することができます。

Q 効果的に腹筋を鍛える方法はありますか。

A 腹筋のトレーニングといえば、あお向けに寝た状態から上半身を起こすトレーニングをイメージしがちですが、最近はあお向けの状態から両脚を持ち上げ、ゆっくりと脚を下ろす動作を繰り返すトレーニングのほうが効果的とされています。また、腹筋ローラーなどのトレーニンググッズを使うのも効果的でしょう。それから、自分がどのような目的でトレーニングを行うかによって、重点的に鍛えるべき筋肉(腹直筋や腹斜筋など)は異なってきます。ジム通いをしている人であれば、トレーナーに自分の要望を伝え、それに沿ったトレーニングメニューを用意してもらうといいでしょう。

整骨院なら杉並区、東高円寺のソフィア整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3314-1276

東京都杉並区和田3-58-9 パークサイド東高円寺1F
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅から、徒歩2分

ページトップへ戻る