治療風景

膝の治療 1

fukei

膝の悪い方は膝周囲の筋肉が硬くこわばっています。
丁寧に触診しながら、痛みの原因となっている筋肉に適切な圧と摩擦を加えていきます。
深くしゃがんだ時、床から立ち上がる時に激痛が生じるケースはお早めに治療にお越しください。

膝の治療 2

fukei4

太ももの外側の『腸脛靭帯』が硬くこわばると、膝の外側に痛みが出やすくなります。一般に『腸脛靭帯炎』と呼ばれます。

膝の内側の『薄筋』がこわばると膝の内側の少し下が痛くなります。一般に『鵞足炎』と呼ばれます。

どちらもランナーの方に多い症状です。
悪化すると治りにくくなりますので、早めの受診をおすすめします。

股関節の治療

fukei股関節周囲の筋肉のこわばりが慢性化すると、太ももやふくらはぎに痛みやしびれを生じることがあります。

一般に坐骨神経痛と言われる症状ですが、股関節周囲の筋肉のこわばりを少しづつ緩めて行く事で、良化します。
症状が悪化すると、動けなくなるほどの激痛に襲われる場合もありますので、早期の治療が肝要です。

ふくらはぎの治療

fukeiふくらはぎの筋肉がこわばると、就寝中や運動中に急に足がつってしまう、『こむら返り』の症状が起こりやすくなります。

明け方に頻繁に足がつってしまう…。
マラソンの後半で必ず足がつってしまう…。
そんな症状でお困りの方は、ぜひ治療にお越しください。

腰の治療

fukei背骨を支える筋肉がこわばると腰痛を発症しやすくなります。
デスクワーク時の不良姿勢は脊柱起立筋の緊張度を高めます。
脊柱起立筋の緊張が慢性化すると、ぎっくり腰のような急性痛が発生しやすくなるので要注意です。

五十肩の治療

fukei肩関節周囲の筋肉のこわばりが慢性化すると、肩運動時に痛みが生じるようになります。
症状が悪化すると、洋服を着替える時、髪を洗う時、高い所に置いた物を取ろうとした時などに、激しい痛みを生じるようになります。
特に、夜間の就寝時痛は要治療のサインです。

柔軟性の検査

fukei (1)筋肉・関節の状態が悪いと体の柔軟性も失われます。

治療後は「痛み」が緩和するのはもちろん、身体の柔軟性も高まります。

頚部の治療

fukei (2)筋肉を緩める操作と同時に、動きの悪い関節を触診しています。
頚部の筋肉の緊張が慢性化すると、頭痛やめまいなどの症状が生じる事もあります。

整骨院なら杉並区、東高円寺のソフィア整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3314-1276

東京都杉並区和田3-58-9 パークサイド東高円寺1F
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅から、徒歩2分

ページトップへ戻る