五十肩

高いところにある物を取ろうとして、電気が走るような痛みにビックリ。そんな経験をしたことがある人はご用心。五十肩になっている可能性があるからだ。というわけで、今号もソフィア整骨院の古川ぶんと先生に、痛みと解消方法をレクチャーしてもらう。第5回目のテーマは五十肩だ。

 

 

五十肩とは、肩周辺の筋肉のこわばりが慢性化し、肩動作時に運動制限とそれに伴う痛みの症状のことです。手を真ッ直ぐ上に伸ばした際に、上肢が耳の横につかなくなったら黄信号です。そのうち洋服を着替えるとき、髪を洗うとき、高い所に置いた物を取ろうとしたときなどに、激しい痛みを生じるようになるはずです。もちろん、五十肩というだけあって50代以上の方に生じやすいのですが、なかには若いうちから五十肩に悩まされる方もいます。

 

治療の際は大胸筋、三角筋、広背筋をユックリとほぐしていきます。肩こりの治療にきわめて近いのですが、五十肩の場合、筋肉の硬縮が強いため治療期間が長くかかります。だいたい3カ月~半年くらいが目安になるでしょう。しかも継続的に治療を行わないと、筋肉はどんどん硬く縮んでいきます。五十肩がヒドくなると、痛みだけでなく、腕の上げ下げがうまくできなくなり日常生活にも支障がでます。フルマラソンを完走するつもりで、根気よく継続的に治療に通うことをオススメします。

 

〈家庭でもできる〝五十肩解消法〟〉

肩こりの回(本誌5月号)でも紹介したように、閉じた傘を逆さに持って、傘を体に付けるようにしながら、取っ手の先端を肩上の中央部に押し当てるといいでしょう。もちろん、大胸筋、三角筋、広背筋の圧痛点がわかる人はそこを中心にマッサージをすればバッチリです。ちなみに、五十肩の原因は運動不足によって生じるケースが多いので、定期的に肩周りの筋肉を動かすようにすることが予防策になります。

整骨院なら杉並区、東高円寺のソフィア整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3314-1276

東京都杉並区和田3-58-9 パークサイド東高円寺1F
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅から、徒歩2分

ページトップへ戻る