足の甲の痛み

今月号の痛みの相談はジョギングが趣味の30代の男性から。「走りつづけているうちに、足の甲が痛くなった」というものだ。はたして、この痛みにはどのように対処すればいいのだろうか。さっそく、ソフィア整骨院の古川ぶんと先生に聞いてみた。

 1312

Q ジョギングの際に足の甲に痛みを感じるようになったのですが、これはどのような症状なのでしょうか。

A 足を着地する際の地面からの衝撃が慢性的に蓄積され、足の甲の筋肉がこわばり、痛みを生じているのだと思います。私自身、先日、フルマラソンを走った後に足の甲が痛むようになってしまいました。普通に歩く分には痛くないのですが、走ってみると痛くなるという感じですね。ちなみに、こういった症状はランナーにかぎらず、営業の外回りの方など、日々歩くことが多い方にも見受けられます。

Q 骨に異常がある場合もあるのでしょうか。

A その可能性はゼロとはいえませんが、仮に骨の損傷であれば、歩くだけでも激しい痛みが生じるはずです。日常生活には支障がなく、走ったときにだけ痛みが生じるのであれば、それは筋肉性の痛みであると思われます。また、捻挫の可能性もありますが、その場合は患部を捻った記憶があるかどうか、そして実際に患部が腫れているかどうかで鑑別できます。

Q 痛みを和らげる方法はありますか。

A こういった症状が出る場合、シューズの靴ひもを締めすぎているということもあります。まずは靴ひもを少し緩めてみるといいでしょう。そうすることで、足の甲にかかる負担が減り、それほど痛みを感じなくなるケースもあります。それでも痛みが生じる場合は、走るのを完全に止めて、しばらく安静にしてください。

Q セルフマッサージは効果がありますか。

A 足の甲を構成している筋肉はすぐ皮下にあるので、実際に筋肉がこわばっている場合は、チョット押すだけでも強い圧痛があります。ですから、筋肉治療に慣れていない人の場合、痛くて十分なセルフマッサージができないと思います。痛みが長引くようでしたら、筋肉専門の治療院に足を運んで、治療を受けるようにしてください。

整骨院なら杉並区、東高円寺のソフィア整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3314-1276

東京都杉並区和田3-58-9 パークサイド東高円寺1F
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅から、徒歩2分

ページトップへ戻る