太ももの前面の痛み

今月号の痛みの相談は40代のランナーの男性から。「長距離を走ると、太ももの前側が痛む」というものだ。はたして、この痛みにはどのように対処すればいいのだろうか。さっそく、ソフィア整骨院の古川ぶんと先生に聞いてみた。

1506

Q マラソンを趣味にしているのですが、長距離を走ると太ももの前側が痛くなったり、突っ張ったりします。どのような症状なのでしょうか。

A 太もも前面の筋肉は大腿四頭筋(だいたいしとうきん)と呼ばれ、4つの筋肉から成り立っています。おそらく、今回のケースは長距離を走ったということで、それらの筋肉の一部または全体がこわばってしまったのだと思います。ちなみに、この症状はハーフマラソン以上の距離を走る時に多く見られます。

Q セルフマッサージは効果的でしょうか。

A 自分でマッサージしやすい箇所なので、ランニングの前後にシッカリとマッサージしておくといいと思います。ただ、先ほど述べたように太ももの前面は4つの筋肉で構成されており、専門家でなければどの筋肉がこわばっているのかを判断するのは難しいと思います。セルフマッサージを続けても症状が長引くようでしたら、筋肉専門の治療院で施術を受けてみてください。すぐに効果があらわれると思います。

Q 走るたびにこの症状がでるのですが、走り方に問題があるのでしょうか。

A おそらくランニングフォームにも改善の余地はあると思います。そもそも、太もも前面の筋肉は足が地面に着地する際に機能し、走る際にはブレーキの役割をはたしています。それに対して、太もも後面の筋肉はアクセルの役割です。つまり、太もも前面の痛みをなくすには、着地の際の地面からの衝撃をいかに小さくするかがポイントになります。そのため、短距離走の時のようにストライドが大きく跳ねるように走ってしまうと、必然的に太ももの前面に大きな負荷がかかることになります。

では、どのように走れば太もも前面への負荷を軽減できるかというと、足を身体の真下に着地させるように意識することです。そうすることで、ストライドが大き過ぎたり、身体が上下にぶれたりすることなく、快適に走ることができるはずです。

整骨院なら杉並区、東高円寺のソフィア整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3314-1276

東京都杉並区和田3-58-9 パークサイド東高円寺1F
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅から、徒歩2分

ページトップへ戻る