ランニング時のすねの痛み

今月号の相談は30代のランナーの男性から。「ランニング中にすねが痛むようになった」というものだ。はたして、このようなケースではどのように対応すればいいのだろうか。さっそく、ソフィア整骨院の古川ぶんと先生に聞いてみた。

1503

Q ランニング中にすねのあたりが痛むようになりました。時には足の甲や足指にしびれを感じることもあります。どういった症状なのでしょうか。

A 度重なるランニングで、すねの側面の前脛骨筋がこわばってしまったのだと思います。前脛骨筋は歩いたり、走ったり、階段をのぼったりするときに使う筋肉ですが、膝やふくらはぎ、太ももに比べ、日頃のケアが行き届きにくい箇所でもあります。そのため、知らず知らずのうちに負担が蓄積し、違和感を生じてしまうことが多いのです。

また、前脛骨筋は足の甲や足指につながっているので、症状を放置しておくと足の指先にかけてしびれなどを生じることがあります。足の甲や足指に影響が出てくるということは、症状が慢性化している証拠ですので、急いで治療を受けるようにしてください。対処が遅くなると、痛みやしびれだけでなく、力が入りにくいといった筋力低下につながる恐れもあります。

Q 痛みを抑えるにはどうしたらいいでしょうか。

A セルフマッサージやストレッチをしやすい部位なので、走る前後にマッサージとストレッチを習慣化するようにしてください。ただし、前脛骨筋へのマッサージはかなり強めの圧を必要とするので、指圧棒などで痛みが出るくらいに押さないと効果がでません。丁度いい加減がわかりづらいと思うので、やはり定期的に筋肉専門の治療院でケアを受けることをオススメします。また、ランニング後に湯船にユックリ浸かって筋肉を温めるのも効果的でしょう。

Q ランニングフォームにも問題があるのでしょうか。

A 頻繁に痛みや違和感が生じる場合は、前脛骨筋に負担がかかりやすいフォームになっている可能性があります。とくに初心者の方は足首で地面を蹴るフォームになりがちですが、それだと知らず知らずのうちに前脛骨筋への負担が蓄積してしまいます。股関節をメインに使って走るフォームが身に付けば、前脛骨筋にかかる負担を減らすことができるので、ランニングコーチやジムのトレーナーなどにフォームをチェックしてもらうのもいいでしょう。

整骨院なら杉並区、東高円寺のソフィア整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3314-1276

東京都杉並区和田3-58-9 パークサイド東高円寺1F
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅から、徒歩2分

ページトップへ戻る