マラソンレース中の痙攣

今月号の痛みの相談は30代のランナーの男性から。「マラソンのレース中にふくらはぎが痙攣してしまった」というものだ。はたして、この痛みにはどのように対処すればいいのだろうか。さっそく、ソフィア整骨院の古川ぶんと先生に聞いてみた。

1410

Q 先日、マラソンのレース中にふくらはぎが痙攣し、痛くて走れなくなってしまいました。原因は何だったのでしょうか。

A 痙攣とは自分の意思とは関係なく、筋肉が過収縮する症状のことです。とくに痛みをともなうふくらはぎの痙攣は「こむら返り」と呼ばれています。

レース中の痙攣はおそらく筋肉のこわばりが主たる原因だったと考えられます。もともとこわばっていた筋肉がレース中に限界を超えてしまい、痙攣してしまったのでしょう。私自身、レース中にふくらはぎの筋肉に違和感を覚えつつも、そのまま走り続けた結果、レース終盤にふくらはぎの筋肉が痙攣を起こしてしまい、激痛で歩くことさえままならなくなってしまったことがあります。

Q どうすればレース中の痙攣を予防することができるのでしょうか。 

A レース前にストレッチを含めたウォーミングアップを入念にすることも大切ですが、何よりも日頃から筋肉をシッカリとケアしておくのが第一です。先述したように、痙攣の原因は筋肉のこわばりであることが多いので、ランナーの方は常に筋肉を柔らかくしなやかな状態にしておきましょう。とはいえ、筋肉のこわばりは、痛みがないと自覚症状をともなわないことも多いので、定期的に筋肉専門の治療院でケアをするのが得策だと思います。また、痙攣は血中の電解質(ナトリウムなど)不足が原因となることもあるので、レース中は脱水にならないようスポーツドリンクなどをきちんと摂取してください。

Q 痙攣の痛みを抑えるにはどうしたらいいのでしょうか。

A 痛みを取り除くには、痙攣が治まるまで筋肉を安静にさせる以外にありません。ですので、レース中に痙攣が生じたらムリをせず、できたら一度止まって休んだ方がいいでしょう。その際、ストレッチは厳禁です。ストレッチによってさらなる強い痙攣を生じることもあります。

レースの結果も大切ですが、レース中に痙攣性の痛みが生じたら、筋肉の線維をさらに傷めないよう棄権することも大事な選択肢のひとつだと思います。

整骨院なら杉並区、東高円寺のソフィア整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3314-1276

東京都杉並区和田3-58-9 パークサイド東高円寺1F
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅から、徒歩2分

ページトップへ戻る