ジョギング中の腰の痛み

今月号の痛みの相談は30代の男性から。「ジョギング中に腰が痛むようになった」というものだ。はたして、この痛みにはどのように対処すればいいのだろうか。さっそく、ソフィア整骨院の古川ぶんと先生に聞いてみた。

1306

Q ジョギングをはじめてしばらく経ったのですが、最近になって腰のあたりが痛くなってきました。どのような症状なのでしょうか。

A 走り慣れて体ができてくると、もっと長い距離を走りたいという欲が出てきます。その際にポイントになってくるのが体幹を使ったランニングフォームです。体幹とは肩から腰周りまでの胴体部分のことですが、脚だけでなく体幹を使って走ることにより、長い距離を安定して走ることが可能になるのです。

ですが、体幹を使って走るには、背すじを伸ばし、胸を張った姿勢を維持しなければなりません。そのため、体幹を支える大胸筋や脊柱起立筋への負荷が蓄積し、腰に痛みを感じるようになってしまったのだと思います。

Q 効果的なセルフマッサージはありますか。

A 腰部は自分の手が届きにくい箇所ですので、床にテニスボールを置き、そこに仰向け寝で腰を乗せて、体の重みを使ってグリグリとセルフマッサージするといいでしょう。また、ジョギング後に暖かいお風呂に入るようにして、疲労した筋肉の血行を改善するのも効果的です。

Q 腰だけでなく、肩や胸の筋肉がこわばることもあるのでしょうか。

A もちろんです。ジョギング上級者の方のなかには月に300㌔以上も走る人がいますが、それだけの距離を走っていれば、脚だけでなく、当然体全体がオーバーワークになってしまいます。だからこそ、脚の筋肉のケアだけでなく、胸や腰などの筋肉も念入りにケアしたほうがいいのです。

とはいえ、セルフマッサージによるケアには限界があります。長距離を走る方は筋肉専門の治療院などで定期的に施術を受けるといいでしょう。そうすることで、自覚症状のない筋肉のこわばりもケアすることができ、より快適なジョギングライフを送れるようになると思いますよ。

整骨院なら杉並区、東高円寺のソフィア整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3314-1276

東京都杉並区和田3-58-9 パークサイド東高円寺1F
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅から、徒歩2分

ページトップへ戻る