ジョギング中の肩、腕の痛み

今月号の痛みの相談は30代の男性から。「ジョギング中に肩と腕が痛む」というものだ。はたして、この痛みにはどのように対処すればいいのだろうか。さっそく、ソフィア整骨院の古川ぶんと先生に聞いてみた。

1307

Q 最近ジョギングをはじめたのですが、走りはじめてしばらくすると肩や腕が重くなり、走り終わってからも少し痛みが残ります。これはどういった症状なのでしょうか。

A 走る際に、脚の動きに合わせて自然と腕も連動するので、その際の筋肉疲労が蓄積して、腕や肩の筋肉の緊張が強まるのだと思います。要は腕や肩の筋肉痛ですね。私自身もジョギングをはじめた当初、腕が筋肉痛になってしまうことがありました。特に以前から肩こりがある人の場合、ジョギングなどでさらに肩や腕の筋肉がこわばりやすいのでしょう。

Q ジョギング時のフォームも関係しているのでしょうか。

A 腕を大きく振って走ると自然と足も大きく前に出るようになるので、スピードを上げたいランナーは腕を大きく振り、大きな歩幅で走ります。しかし、一般のランナーの場合はスピードを重視する必要はないので、小幅で走るピッチ走法というスタイルをおすすめします。ピッチ走法はスタミナが持続しやすく、安定した走りを維持できるという特徴もあるので、ジョギングを楽しみたい人にはピッタリだと思います。もちろん、腕の振りも自然と小さくなるので、腕や肩にかかる負担を抑えることもできます。

Q どうすればジョギング中の肩や腕の痛みを抑えられますか。

A やはりピッチ走法を心がけるのが一番だと思います。とはいえ、走っている姿を自分でセルフチェックすることはなかなかできないので、ジョギング仲間などに走り方や姿勢をチェックしてもらうといいかもしれません。

また、腕や肩はセルフマッサージしやすい箇所なので、ジョギング後にしっかりとマッサージをしたり、湯船に浸かるなどして血行を良くしたりするといいでしょう。そうやって念入りなケアを心掛けておけば、痛みは自然と解消されるはずです。しかしセルフケアだけで痛みがひかない場合は、早急に筋肉治療専門の治療院に足を運んでください。

整骨院なら杉並区、東高円寺のソフィア整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3314-1276

東京都杉並区和田3-58-9 パークサイド東高円寺1F
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅から、徒歩2分

ページトップへ戻る