ジョギング中の太ももの痛み

今月号の痛みの相談は40代の男性から。「ジョギング中に太ももが痛むようになった」というものだ。はたして、この痛みにはどのように対処すればよいのだろうか。さっそく、ソフィア整骨院の古川ぶんと先生に聞いてみた。

1303

Q ジョギングを始めて1年ほど経つのですが、最近、走っていると太ももに違和感を覚えるようになりました。太ももが重くなり、水の中を走っているように脚が動かなくなることがあるのですが、何が原因なのでしょうか。

A おそらく太ももを持ち上げるときに使う腸腰筋(股関節の内側)や外側広筋(太ももの外側)といった筋肉がこわばってしまっているのだと思います。一般的に、走り始めたばかりの頃は太ももの内側の筋肉がこわばりやすく、走り慣れてくると太ももの外側の筋肉がこわばりやすくなるようです。

ちなみに、この太ももの外側の筋肉のこわばりは腸脛靱帯炎という症状につながる恐れがあります。これは膝の曲げ伸ばしを反復することで、膝の外側の腸脛靱帯が炎症を起こす症状のことです。ここまで悪化してしまうと、日常生活に影響を及ぼす上に、回復に相当の時間を要するので気を付けて下さい。

Q となると、定期的に腸腰筋外側広筋をマッサージするといいのでしょうか。

A それが一番の対処法だと思います。太ももを指で押してみて、痛いと感じる場所を集中的にほぐすと効果的です。ただ、自分で押してもどこが痛いか分からないという人もいますし、何より痛みの出ている筋肉を正確に見つけるのは容易ではありません。うまくセルフマッサージができないようでしたら、筋肉専門の治療院に行くことをオススメします。

Q こういった症状を予防するにはどうしたらいいのでしょうか。

A 単に筋肉を鍛えるだけでなく、柔らかくてしなやかな筋肉をつくるように努めなければなりません。筋肉に柔軟性があれば、長時間走っても筋肉がこわばりにくくなりますし、ケガのリスクも減ります。とはいえ、普通にジョギングや筋トレを繰り返していると、筋肉への負荷がドンドン蓄積されていきます。柔らかくしなやかな筋肉をつくるには、運動後にマッサージでケアをするといった習慣付けが必要になります。走り慣れてくると過度なトレーニングをしてしまいがちですが、そこをグッとこらえ、合間、合間に筋肉のケアをするように心掛けて下さい。

 

整骨院なら杉並区、東高円寺のソフィア整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3314-1276

東京都杉並区和田3-58-9 パークサイド東高円寺1F
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅から、徒歩2分

ページトップへ戻る