ジョギング中のひざ裏の痛み

今月号の相談は「ジョギング中にひざ裏が痛くなる」というもの。さっそく、ソフィア整骨院の古川ぶんと先生にその痛みの原因と対処法について聞いてみた。

1706

Q ジョギング中にひざ裏が痛むようになったのですが、これはどういった症状なのでしょうか。

A ひざ裏は腓腹筋、膝窩筋など複数の筋肉が付着する“筋肉のターミナル”のような部位です。ひざの屈伸に伴って負荷がかかり、いずれかの筋肉がこわばって痛みを出しているものと思われます。

ひざ裏の痛みは当初軽度であることが多いので、放置してしまう傾向にあります。しかしこじれて悪化すると、ひざをまっすぐに伸ばしたり、足を地面に着いたりするだけでも激痛が走るようになる恐れがあります。

Q 今までこのような痛みが生じたことはなかったのですが、どうして急に痛むようになったのでしょうか。

A ランニング初心者がひざ前面を傷めやすいのに対し、ひざ裏はスピード練習など中・上級者向けのトレーニングによって傷める可能性が高い部位です。おそらく強度の高いトレーニングが増えたのが要因のひとつではないでしょうか。

Q どのくらいの治療期間を要しますか。また、セルフケアはできますか。

A 皮膚直下にある筋肉群なので、比較的施術しやすい部位です。よって短期集中型の治療で早期の回復を見込めます。ただ、前述したように放置して痛みが慢性化してしまいますと、擦る程度の弱い刺激でも強い痛みを感じるようになってしまいます。そのような場合、最初は触れる程度の施術からはじめなければならないので、かなりの治療期間を要します。また、筋肉治療を専門にしている施術者でなければ、どの筋肉から痛みが生じているのか正確に判断できないと思われますので、ストレッチやセルフマッサージでケアすることは難しいでしょう。以上のことから、違和感や痛みを覚えたら、すぐに筋肉専門の治療院に足を運んで施術を受けていただくのが賢明です。

整骨院なら杉並区、東高円寺のソフィア整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3314-1276

東京都杉並区和田3-58-9 パークサイド東高円寺1F
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅から、徒歩2分

ページトップへ戻る