ジョギング中のふくらはぎの痛み

今月号の痛みの相談は30代の男性から。「ジョギング中にふくらはぎが痛むようになった」というものだ。はたして、この痛みにはどのように対処すればいいのだろうか。さっそく、ソフィア整骨院の古川ぶんと先生に聞いてみた。

1305

Q ジョギング中に踵からふくらはぎにかけて痛くなるのですが、どのような症状なのでしょうか。

A おそらく腓腹(ひふく)筋、ヒラメ筋のこわばりによるものでしょう。腓腹筋もヒラメ筋もふくらはぎを構成する主要な筋肉で、腓腹筋の深層部にヒラメ筋があるといった構造になっています。また、腓腹筋は膝関節をまたいで大腿骨に付着していますので、ひざ裏の痛みにも関係しています。ジョギングは運動学的にこのふたつの筋肉がこわばりやすいので、注意しなければなりません。私もジョギングを始めた当初は同様の痛みを感じていましたし、今でもケアを怠るとふくらはぎが重くなったように感じることがあります。

Q アキレス腱炎という症状に似ているのですが、それとは関係ないのでしょうか。

A アキレス腱はとても太くて丈夫な軟部組織なので、相当な外的ダメージがないかぎり炎症を起こすことはありません。少なくとも、これまで診察した中で走りすぎによってアキレス腱炎を発症した方はひとりもいませんでした。

Q この痛みはどのように対処すれば治るのでしょうか。

A ヒラメ筋と腓腹筋を同時に集中的に治療することが肝心です。どちらも治療しやすい筋肉ですし、治療効果の出やすい部位なので、筋肉専門の治療院で施術を受けるといいでしょう。

Q 走り慣れてくると、こういった症状から解放されるのでしょうか。

A 筋肉の疲労や緊張は蓄積していくものなので、“慣れ”だけではどうにもなりません。だからこそ、トップアスリートは筋肉のケアをまめに行っているわけです。一般のランナーの方も念入りにセルフマッサージを行うのはもちろん、時折、筋肉専門治療院でこわばった筋肉をシッカリとケアしてもらってください。とくにふくらはぎの筋肉は「第2の心臓」とも呼ばれ、下半身の血液を心臓に送り返す役割も担っているので、念入りなケアをするようにオススメします。

整骨院なら杉並区、東高円寺のソフィア整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3314-1276

東京都杉並区和田3-58-9 パークサイド東高円寺1F
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅から、徒歩2分

ページトップへ戻る