ジョギングをしていると、フクラハギやヒザ、太ももの裏側が痛くなる

今回の痛みの相談は、ジョギングが趣味の30代のデザイナーの方から。「ジョギングをしていると、フクラハギやヒザ、太ももの裏側が痛くなる」というものだ。さっそく、ソフィア整骨院の古川ぶんと先生にこの痛みの解決法について聞いてみた。

1004

Q ジョギング中に足のフクラハギやヒザ、太ももの裏側が痛むことがあるのですが、どういった症状なのでしょうか。

A オーバーユースによる脚の筋肉の硬縮か、炎症を起こしているかのどちらかだと思います。痛みを無視して走り続けていると、症状がひどくなって歩くのも困難になるので気を付けて下さい。傷める箇所については、走るフォームなどで各々異なってくるようです。例えば、人によっては下肢の右側だけがいつも痛くなる、というケースもあります。ランニングフォームや体の使い方のクセに注意してみるといいかもしれませんね。

Q 脚を傷めないように走るにはどうしたらいいのでしょうか。

A アフターケアが大切です。ジョギング後に脚全体をシッカリ温めたり、丁寧にマッサージしたりする習慣をつけてください。一般のランナーの場合、プロの方と違ってトレーナーが付いているわけではないので、自身でこういったケアをしなければなりません。また、中長期的な計画を立てることも重要です。思い付きで「今日は20㌔走ろう」と決めるのではなく、自分の体力やコンディションに合わせた練習計画を立てるようにしてください。そのためにも、初心者の方は走り慣れているベテランの方からアドバイスを受けるといいでしょう。それでも痛みが生じたら、最初はアイシングをすると効果的です。とはいえ、筋肉の緊張は徐々に蓄積していくので、かなりの頻度で走る方は整骨院などで定期的に治療を受けるといいと思います。

Q 今度、フルマラソンのレースに挑戦しようと思うのですが、どういったことに注意すればいいでしょうか。

A レースに挑戦することが決まると、ついつい練習がハードになりがちです。しかし、自分の能力を超えたハードな練習は筋肉の過度な緊張を招き、むしろコンディションを悪化させてしまいます。ですから、レースの2週間くらい前から練習量を調節して、筋肉を柔らかくしなやかに保つように心がけてください。

整骨院なら杉並区、東高円寺のソフィア整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3314-1276

東京都杉並区和田3-58-9 パークサイド東高円寺1F
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅から、徒歩2分

ページトップへ戻る