鵞足炎(がそくえん)

今月号の痛みの相談は40代のランナーの男性から。「ひざ内側の下の部分が痛む」というものだ。はたして、この痛みにはどのように対処すればいいのだろうか。さっそく、ソフィア整骨院の古川ぶんと先生に聞いてみた。

201408

Q 毎日趣味でジョギングをしているのですが、ひざの内側からひざ下の部分にかけて強い痛みが生じるようになりました。どういう症状なのでしょうか。

A 痛みの出現場所からすると、鵞足炎(がそくえん)だと思います。これはひざの内側下方の部分(脛骨鵞足部)に炎症が起こり痛みを生じる症状のことです。鵞足とはひざの内側で脛骨の上部に位置し、縫工筋(ほうこうきん)、薄筋(はくきん)、半腱様筋(はんけんようきん)という3つの筋肉の腱が付着する部位であり、ひざの屈伸を多用するスポーツで負荷がかかりやすい箇所です。今回のケースでは、長期にわたるジョギングの影響で筋緊張が蓄積し、炎症を生じてしまったのだと思います。

Q 歩くのも辛いくらいの痛みが生じているのですが、どうすればいいのでしょうか。

A 炎症は強い痛みをともなうので、まずは患部を冷やして安静にすることが大切です。そうすれば、時間の経過とともに痛みは引いていくでしょう。ですが、筋肉のケアをせずにジョギングを再開すると、炎症や痛みがぶり返す恐れがあります。とくに、ジョギング愛好家は痛みが完全に引かないうちに走り始める傾向があるので、まずは筋肉のケアに専念することをオススメします。

Q 炎症が生じる前に予防することはできないのでしょうか。

A 鵞足部に炎症が起きるということは、そこに付着する筋肉の緊張は当然強くなっているはずなので、ストレッチや柔軟運動の際にひざ周囲の筋肉が硬くなっていないか注意をしてください。もし筋肉が普段よりもこわばっていたり、つっぱっていたりするようであれば、それは炎症を生じる可能性が高まっているサインです。その場合は、早期に筋肉治療の専門院で施術を受けるようにしてください。また、自分で筋肉の状態を判断するのが難しい場合にも、定期的に筋肉治療を受けるようにするといいでしょう。ジョギングの前後にストレッチや柔軟運動を心がけるのも炎症の予防につながります。

整骨院なら杉並区、東高円寺のソフィア整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3314-1276

東京都杉並区和田3-58-9 パークサイド東高円寺1F
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅から、徒歩2分

ページトップへ戻る