臀部と太ももの痛み

今回の痛みの相談は30代の男性から。相談内容は「転職して肉体労働をはじめたところ、腰と太ももの痛みがひどくなった」というものだ。さっそく、ソフィア整骨院の古川ぶんと先生にその痛みのメカニズムと対処法について教えてもらった。

1108

Q 肉体労働に従事するようになってから、腰と太ももの痛みに悩まされるようになり、最近では歩くときにも痛みが生じます。これはどのような症状なのでしょうか。

A おそらく、慣れない肉体労働のため、特定の筋肉を酷使してしまったのだと思います。一般に坐骨神経痛といわれる症状に似ています。この症状は臀部から太ももにかけての痛み、場合によっては脚のシビレ感を引き起こします。足腰に負担のかかる仕事をしているようですから、おそらく太ももの外側上部に位置する中臀筋の硬縮が痛みの原因ではないでしょうか。ちなみに、この中臀筋は股関節を動かす筋肉です。よってこの筋肉が硬縮してしまうと、歩いたり立ちあがったりする動作のときに痛みが強くなるのです。

Q 何回くらいの治療で治りそうですか。

A 中臀筋は表面を厚い脂肪に覆われているため、筋治療の効果が出にくい部位です。中には一回の治療で効果が出る人もいますが、通常は継続的に治療を受けることで段階的に改善されていきます。

Q 痛みを和らげるために、自分ではどうすればいいのでしょうか。

A 今後肉体労働をつづけていくのであるならば、その痛みとうまく付き合っていくより他にありません。急に仕事を変えるわけにもいかないでしょうから、まずは痛みを軽減させるために、作業する際の体の使い方に注意してみてください。たとえば、片側に負担がかかりやすい姿勢になっているようでしたら、時折、足の位置や体の向きを逆にしてみるといった工夫が必要です。そうすることで、今よりも特定の筋肉にかかる負担を軽減できるはずです。

また、患部をこまめに温めるように心がけてください。ぬるめのお風呂に長時間浸かったり、患部に使い捨てのカイロを貼っておいたりすると効果的です。そうすることで、患部の血行が改善され、痛みを和らげることができるのです。

整骨院なら杉並区、東高円寺のソフィア整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3314-1276

東京都杉並区和田3-58-9 パークサイド東高円寺1F
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅から、徒歩2分

ページトップへ戻る