脊柱管狭窄症による痛み

今月号の相談は「整形外科で脊柱管狭窄症と診断され手術を勧められたが、ほかに治療する方法はないか」というもの。さっそく、ソフィア整骨院の古川ぶんと先生に聞いてみた。

1712

Q 下肢に痛みやしびれを感じ、整形外科で診察を受けたところ、「脊柱管狭窄症」と診断されました。医師によると、完治させるには手術を受けるほかないとのことなのですが、ほかに治す手段はないのでしょうか。

A 脊柱管狭窄とは読んで字のごとく、加齢などによって脊髄の通る脊柱管が狭くなってしまった状態を意味します。しかし脊柱管の狭窄はあくまでも構造上の問題であり、神経生理学的見地からすると、脊柱管の狭窄により神経が圧迫されたからといって、そのこと自体が下肢の痛みやしびれを引き起こすことはありません。

Q では、この痛みやしびれの原因はどこにあるのでしょうか。

A 背骨を支える脊柱起立筋群、あるいは臀部の梨状筋、中小殿筋などのこわばりが原因であると考えられます。とりわけ臀筋のこわばりは下肢の痛みやしびれの原因になりやすく、症状がひどくなると間欠性跛行といって、痛みやしびれのため休息を入れないと長い距離を歩けなくなります。どの筋肉が原因なのかは実際に触診してみないとわかりませんが、これらの筋肉のいずれか、あるいは複数の筋肉がこわばっているものと考えられます。

Q どのくらい治療を受ければ痛みから解放されるのでしょうか。

A 筋肉のこわばり具合にもよりますが、罹患筋を少し圧しただけでも痛みが生じる場合、悪い状態が慢性化しこじれている可能性もあります。そういったケースでは10回単位の施術を要することもあります。

Q この症状は中高年に多く見られるものなのでしょうか。

A 脊柱管狭窄症と診断される方の多くが中高年層であるように、この症状もまた中高年の方に多いと思います。若者に比べて筋肉の質が硬くなり、日常生活のストレスなどで筋の緊張が亢進しやすいのかもしれません。いずれにしても、脊柱管狭窄症と診断された場合は整形外科的な診断を鵜呑みにせず、まず筋肉性の症状ではないか疑ってみてほしいと思います。

整骨院なら杉並区、東高円寺のソフィア整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3314-1276

東京都杉並区和田3-58-9 パークサイド東高円寺1F
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅から、徒歩2分

ページトップへ戻る