深層筋(インナーマッスル)の痛み

今月号の相談は「長時間のデスクワークで慢性的に腰痛が生じ、頻繁にマッサージを受けても一向に改善されない」というもの。さっそく、ソフィア整骨院の古川ぶんと先生に聞いてみた。

1711

Q 長時間のデスクワークで腰全体に痛みが生じています。マッサージを頻繁に受けているのですが、その時は良くてもすぐに痛みがぶり返します。この痛みの原因はどこにあるのでしょうか。

A 筋肉は表層筋(アウターマッスル)と深層筋(インナーマッスル)に大別されるのですが、今回のケースはおそらくインナーマッスルに原因がある痛みだと思います。インナーマッスルとは読んで字のごとく身体の深層に位置する筋肉なので、一般的なマッサージでは治療効果が出にくく、異常を放置してしまうと痛みが広がったり慢性化したりしてしまう可能性があります。

Q インナーマッスルのこわばりはどのようにして生じるのでしょうか。

A アウターマッスルは身体をダイナミックに動かす筋肉であり、運動時の過負荷や動的な外力によってこわばります。対してインナーマッスルは体幹や姿勢を維持するための筋肉であり、長時間、同じ姿勢を保持し続けることでこわばることがあります。たとえばデスクワークの時間が長い人は、どうしても脊柱を支えるインナーマッスルに負担がかかり、知らず知らずのうちにこわばってしまうことがあるのです。ちなみに長時間のデスクワークでは、腰の多裂筋、臀部の梨状筋というインナーマッスルがこわばることが多いように思います。

Q どのようにしてインナーマッスルを治療していくのですか。

A 身体の深層にある筋肉だからといって、マッサージの強度を高めても意味はありません。それでは単なる痛い治療になってしまいます。大切なのは問診、動診、触診を通して痛みの原因であるインナーマッスルを特定し、効果的なポイントを集中して治療していくことが肝心です。

Q インナーマッスルのケアにおいて、セルフマッサージは効果的でしょうか。

A インナーマッスル由来の痛みは関連痛という形で痛みが広範囲にわたることがあり、痛みの震源地を特定しにくいという特徴があります。しかも治療の難易度も高くなるので、セルフマッサージによる改善は困難でしょう。インナーマッスルがこわばっている可能性があるのならば、痛みが慢性化する前に筋肉治療の専門院に足を運ぶようにしてください。

整骨院なら杉並区、東高円寺のソフィア整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3314-1276

東京都杉並区和田3-58-9 パークサイド東高円寺1F
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅から、徒歩2分

ページトップへ戻る