尾てい骨が痛む

今月の痛みの相談は30代の女性から。痛みの内容は「歩行時や仰向けで寝る際に尾てい骨が痛む」というものだ。さっそく、ソフィア整骨院の古川ぶんと先生にこの痛みの対処法を教えてもらった。

1204

Q 最近、尾てい骨の痛みがひどくなり、歩くときだけでなく、座るときにも深めに座らないとつらい状態です。先日整形外科を受診したのですが、レントゲンでは異常は見られませんでした。どうして尾てい骨が痛むのでしょうか。

A 「尾てい骨が痛む」ということですが、お話から推測すると、尾てい骨周囲の多裂筋の痛みと思われます。もし骨の異常であれば、レントゲン上でハッキリとした異常が認められるはずです。そもそも、多裂筋は背骨を支える筋肉のひとつであり、それゆえ立っているときも、座っているときも重力の影響を受けるので、非常に緊張しやすい部位です。

Q 便秘気味なので、トイレのときに上半身を折りたたんでおなかに力を入れるのが原因かとも思うのですが・・・。

A 多裂筋は上半身を曲げ伸ばしする際に作用するので、そういった体の使い方のクセがもとでこわばってしまう可能性はあります。ただ、多裂筋の厚みは太ももの筋肉などに比べて薄いので、治療院でマッサージを受ければ早期に回復に向かうはずです。しかし治療で一度ラクになっても、日常生活の悪習慣がもとで痛みが再発することもあります。筋の緊張を高めるような不良姿勢には注意をしてください。特に、座るときの姿勢で腰が円くなっていないか気を配るようにしてください。

Q 寝起きにも尾てい骨のあたりが痛むことがあります。この痛みから解放される方法はありますか。

A 横向きの姿勢で就寝すれば多裂筋の緊張が緩和されるので、寝起きがラクになると思います。使い捨てカイロなどで患部を暖めながら寝るのも効果的です。とはいえ、一晩中横向きになって眠るわけにもいきませんし、これからの季節、カイロを貼って寝るのは寝苦しいですよね。あまりに腰が痛むようでしたら、痛み専門の治療院で施術を受けてみて下さい。それが痛みから解放される一番の近道だと思います。

整骨院なら杉並区、東高円寺のソフィア整骨院 診療時間

ご予約・お問い合わせはお気軽に

Tel03-3314-1276

東京都杉並区和田3-58-9 パークサイド東高円寺1F
東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅から、徒歩2分

ページトップへ戻る